1. ホーム

Vラインの黒ずみ対策にどのクリームを選ぶ?


彼氏の前で大胆になれない!無難な水着しか着れない!温泉に入りにくい!Vラインの黒ずみは一度できてしまうとなかなか解消できない頑固者。

にっくきVラインの黒ずみは専用クリームでいち早く治してしまいましょう!

黒ずみの正体はメラニン色素!この色素沈着を解消してくれる3つの条件がそろったクリームに人気が偏っています。

Vライン黒ずみ用クリーム人気ランキング


イビサクリーム
効果×使用感で昨年口コミ大ヒットクリーム

ホスピピュア
売り切れ続出のクリニック共同開発クリーム

ヴィエルホワイト
成分の低分子化で浸透力アップ

満足度96.7%昨年大ヒットクリーム
イビサクリーム
4.8
メーカーイビサビューティー
価格4,470円
返金保証28日間
送料無料
定期コース2回まで要継続
イビサクリーム

昨年のVライン黒ずみケア用クリーム売り上げトップ、いまだ口コミで人気が急上昇中のイビサクリーム、「即効性が高い」という声が一番多いのもこのクリームの特徴です。

Vラインのデリケートゾーンを中心にお尻や脇、ひじひざといった黒ずみやすい箇所にも使える利便性と、なじみやすくべたつきにくい使用感が人気の秘密。

トラネキサム酸×グリチルリチン酸2k×8種類の濃厚保湿成分が黒ずみの除去にも予防にも働きかけ、かつ5つの無添加がデリケートゾーンにやさしくなじみます。

ホスピピュア
湘南美容外科フューチャリング
ホスピピュア
4.5
メーカーシーオーメディカル
価格4,500円
返金保証90日間
送料無料
定期コース2回まで要継続

Vラインのほか乳首の黒ずみにも使用できるホスピピュアは美容外科として有名な湘南美容外科クリニックと共同開発したデリケートゾーン専用のクリームです。

湘南美容外科クリニックの店舗でも販売されていて、脱毛施術後のVラインケア用クリームとして爆発的にヒット。一時期は売り切れが出るほどの人気もありました。

皮膚のプロの目線で作られただけあって敏感なVラインでも安心して使える無添加性、黒ずみ除去に有効なトラネキサム酸とグリチルリチン酸2kを配合しています。

ヴィエルホワイト
有効成分を超低分子化
ヴィエルホワイト
4
メーカーセプト
価格4,390円
返金保証120日間
送料無料
定期コース4回まで要継続

ヴィエルホワイトはVラインの黒ずみのほか乳首の黒ずみにも使える美容液タイプのクリーム。業界初のリポゾーム化(超低分子化)で有効成分の浸透率をアップさせています。

クリームのようなベタツキが少ない美容液タイプなので密着しやすいデリケートゾーンでも快適に使えるのが特徴。

定期コースの場合は4回継続が必須になっていますが、逆に腰を据えてじっくりと黒ずみケアしたい人にはピッタリ。

【口コミ調査】市販No1?Vラインの黒ずみにニベアはどこまで効く?

コスパ最高の市販クリーム「ニベア(青缶)」Vラインの黒ずみもスッキリ消してくれると噂のニベアには本当に美白効果があるのか?口コミから検証してみました。

みっちり半年間|評価…星4個
以前から手足のかさつきや毛穴汚れに加え、Vラインの黒ずみが気になっていましたが、みっちり半年間続けた結果すべすべ毛穴レスな手足になりました。黒ずみは若干薄くなったような…。(24歳)

よくわからない|評価…星3個
お風呂上りに、少し肌が濡れた状態で使うと塗りやすいです。ボディケアのついでに、Vラインにも使っています。肌はもちもちになっていますが、黒ずみに対する効果はよくわかりません。(20歳)

べたつく|評価…星1個
デリケートなところに塗るには、べたつきが気になります…美白効果うんぬんよりも、不快感が勝ってしまい、継続不可です…((+_+))(26歳)

安いし、おススメ|評価…星4個
ボディクリームにもフェイスクリームにもマッサージクリームにもなるのがうれしいですね。かかとやひざ、あそこの黒ずみに塗っています。肌が明るくなった気がします。安いし、おススメです。(33歳)

即効性はないけど|評価…星35個
昔からボディケアはこれ。すべすべの透明感を褒められるのはニベアのおかげかな。気になるVラインのケアにも使っています。即効性はないけどやらないよりはいい?と思います。(27歳)

【口コミまとめ】美白はできるけどVラインの黒ずみ用としては微妙?

使い続けるほどにお肌に透明感が戻るという口コミが多いニベアですが、反対に目立つデメリットは「べたつき」と「即効性のなさ」でした。

仮にべたついてもいいしじっくり時間がかかってもいいからVラインの黒ずみだけは治したい!という人にはおすすめできますが、「あと1~2ヶ月くらいまでには黒ずみを解消したい!」という人には不向き。

「日中つけても快適に」「なるべく早く黒ずみを消したい」場合はやはりVライン用に改良されたクリームを使うほうがストレスなくケアできるようです。

ニベアの美白の秘密は徹底保湿

美白がかなうといわれるニベアですが、実は美白成分は一切入っていません。それでも透明感を出すことができるのは「徹底保湿」のパワーがあるから。

べたつきが目立つほどの徹底保湿でお肌のバリア機能を高め、ターンオーバーを促すことで黒ずみの原因であるメラニン色素を追い出すことができるんです。

ただし、ターンオーバーはすぐに行われるわけではないので、併せて美白成分や消炎成分を含んだ専用クリームのほうが即効性が高いんですね。

【3ステップ】Vラインの黒ずみ解消に効果倍増なクリームの使い方


Vラインの黒ずみは専用クリームを使うことで即効性のある解消が見込めますが、間違った使い方をしていると効果は半減してしまいます。

ここではクリーム本来の美白パワーを120%引き出すための正しいクリームの使い方を紹介します。

クリームを塗るタイミングはお風呂上りが最適

クリームは補った水分を蒸発させないふたのような役割を持っています。つまり、Vラインのお肌にたっぷりと水分を補った状態で使うのがベストタイミング!

顔のように化粧水をつける習慣がないVラインが一番水分を補給できるのはお風呂上がりです。


クリームはケチらず!たっぷりと塗る

Vラインの黒ずみ用クリームを使うときの目安量は約1円玉大とちょっと多めに感じてしまうかもしれません。(メーカーによって異なります)

すぐなくなるかもしれないから、べたつくのがいやだからと言ってクリームの量をケチってしまうと、入れ込む有効成分も少なくなるということで、つまり効果は半減してしまいます。

ケチってコスパをよくするのと、目安量守って効果を引き出すのとではどちらが良いですか?


クリームを塗った後はハンドプレスをしてあげる

これは説明書には載っていないことかもしれませんが、お肌に浸透させるスキンケアコスメはつけた後にハンドプレスをしてあげることで有効成分の浸透率がアップします。

Vラインも同じお肌なので塗って乾燥させるよりも、ハンドプレスで入れ込んであげるほうが黒ずみにしっかり届かせることができます。

強く押さえつける必要はありません。軽く手を当てて1分以上プレスしてあげましょう。


日中のべたつきがどうしても気になるときは?

Vラインの黒ずみ用クリームは基本的に朝と晩の2回使います。夜は塗った後に寝るだけなので使いやすいですが、朝はこれから活動する時間なのでべたつきが気になるかもしれません。

浸透後はべたつきも収まりますが、それでも気になる場合は軽くティッシュオフしておくとべたつきが抑えられます。イビサクリームのようにべたつきが少ないクリームを選ぶとラクですね。

Vラインの黒ずみに必要なのは美白成分×2種類の成分


Vラインの黒ずみはメラニン色素のかたまりですが、このメラニン色素を「一番効率よく除去する成分の組み合わせ」を見てみましょう。

  • 美白成分
  • 消炎成分
  • 保湿成分

美白成分でメラニンの元を分解

まずはメラニン色素にしっかりアプローチできる美白成分が必須です。摩擦による刺激のダメージからメラニン色素を作らせないようにする重要な役割があります。

ただし、やみくもに美白成分を補うのは危険。特にビタミンC誘導体やハイドロキノンといった強い刺激を伴う美白成分はデリケートゾーンでもあるVラインには向きません。

刺激が少なく穏やかにアプローチできるトラネキサム酸(肝斑治療にも使われる美白成分)を配合しているクリームがおすすめです。


消炎成分で刺激による炎症を緩和

股の皮膚同士やショーツなどが密着するVラインは、常に摩擦が起きている箇所です。メラニン色素は摩擦による皮膚の微弱炎症も原因の一つなので黒ずみができやすいんです。

摩擦の少ないショーツに変えることも対策ですが、起きてしまった摩擦から炎症を起こさない消炎成分でしっかり予防しておきましょう。

おすすめの成分は効果効能が認められている薬用成分グリチルリチン酸2kです。


保湿成分でターンオーバーを正常に保つ

できてしまったメラニン色素を追い出すターンオーバーの力は偉大です。

周期的に行われるため即効性はないものの、他の老廃物も一緒に排出してくれるのでお肌の透明感をより引き立たせることができます。

ターンオーバーを促すにはお肌のうるおい構造が整っていることが前提。保湿成分たっぷりのクリームで新陳代謝されやすい土台を作ってあげましょう。

Vラインの黒ずみを再発させる3つの要因


ぶっちゃけるとクリームを使わなくてもVラインの黒ずみがない状態が一番の理想ですよね?

できてしまった黒ずみをクリームで解消した後に「やってしまうと黒ずみが再発する」NGパターンを紹介します。これは現在クリームで治療している場合でも、やってしまうと黒ずみの解消効果が半減してしまいます。

  • Vラインまわりのアンダーヘアを毛抜きで抜く
  • Vラインまわりのアンダーヘアをカミソリでそる
  • Vラインの洗浄時にゴシゴシこする
  • 界面活性剤たっぷりのボディーソープで洗う
  • お風呂上りにタオルでゴシゴシふき取る
  • ゴムの締め付けがきついショーツをはく

共通して言えることが「Vラインに刺激を与えること全般」です。せっかく黒ずみ用クリームでケアしていても、黒ずみの原因を新しく作り続けていてはプラスマイナスゼロですよね。

【まとめ】Vラインの黒ずみを解消するための最短ルート


Vラインの黒ずみはクリームを使うだけでも効果はありますが、より早い効果を引き出すためには正しいクリーム選びと正しい使い方が必要不可欠です。

  • 美白×消炎×保湿3つのバランスがとれたクリームを選ぶ
  • クリームをつけるタイミングと目安量に気を付ける
  • あらたな黒ずみの原因を作らせない

この3つの条件がそろった時がベストです。しつこい黒ずみとおさらばして雪のような透明肌に導いてあげてくださいね。

Vラインの黒ずみの驚くべき原因とは!?

Vラインの黒ずみケアに適切なクリームを塗るのは効果的ではありますが、効果があったとしても再発させてしまってはイタチごっこですよね。

ここではVラインの黒ずみの原因を徹底解説しています。まずは次の事実を知っておきましょう。

Vラインの黒ずみは汚れではない

Vラインの黒ずみが汚れだとしたら、洗えば落ちるはずなのでこのサイトを見るほど悩むことではありませんよね。

いくら洗っても落ちない黒ずみの原因は、お肌の表面ではなくもっと深いところにあります。

黒ずみの原因はメラニン色素のミルフィーユ!?

Vラインの黒ずみの原因はメラニン色素です。メラニン色素というと聞いたことがあるかもしれませんが、日焼けしたときに黒くなるあの現象もメラニン色素が原因です。

同じ種類なのに普段日に当たらないVラインにもメラニン色素ができてしまうんです。その理由とは…?

メラニン色素が発生する本当の原因とは?

メラニン色素は日に当たりすぎるからできるというよりも「お肌に刺激を与え続けるとお肌を守るために発生する物質」です。

日光に当たりすぎると「暑い」と感じるのもお肌としては刺激の一つになりますね。同様にお肌が刺激と感じることといえば…?

Vラインの黒ずみを洗うとよけいと黒くなる!?

日常でのVラインへの刺激といえばなんでしょうか?まずはショーツによる摩擦があげられますよね。つまり、常にVラインへは刺激が与え続けられているということ。

これにより「Vラインはもともと黒ずみやすいゾーン」ということになるんです。

この状態で別の刺激要因があれば、黒ずみは加速します。

  • 黒ずみが気になるあまり、より念入りに洗う
  • サイズのきついショーツやパンツを着用し続ける
  • かみそりを使ったアンダーヘアの処理
  • 保湿が不十分で乾燥肌に傾いてしまう

ちなみに保湿不足で乾燥肌に傾くと、Vライン周りの皮脂が過剰分泌されるため「臭いがきつく」なったりします…。そうならないためにも日常対策は必須といえます。

Vラインの黒ずみを「これ以上作らせない」徹底対策!

Vラインの黒ずみをこれ以上悪化させないようにするには、日常の習慣を見直す必要があります。日常でできる黒ずみケアはたったの2つで今日から行動できるものばかりです。

  • 刺激の要因を少しでも減らす
  • 保湿ケアを欠かさない

刺激の要因を少しでも減らす

これはVラインの摩擦回数を減らすことで解決することができます。ようするに「こすらないようにする」ということ。

ショーツであれば太ももまで覆えるようなものに変えたり、パンツもゆったり目のものに変えて、Vラインへの摩擦要因を減らしていきます。

また、かみそりを使うアンダーヘアの処理やVラインのこすり洗いは、思っている以上にお肌への刺激が強いものとなります。

保湿ケアを欠かさない

普段からお肌をさらす機会の少ないVラインは「蒸れやすいから保湿できてる」と思いがち。ですがこれは間違いです。

蒸れやすい原因として、逆にお肌が乾燥肌に傾いているから皮脂が出やすく蒸れやすい。という事実もあります。

これはクリームなどでの保湿ケアを習慣とすることで解決することができます。

べたつきにくいクリームを選んで

Vラインの黒ずみ用のクリームはべたつきの少ないものを選んでください。

Vラインという環境上、クリームをつけてそのまま野ざらしにすることはないため、べたつくクリームほど付けた後の不快感が増してしまいます。